月別アーカイブ: 2016年11月

プレイ内容

Published / by 管理者

秘書系イメクラ店で働く女性の基本的なイメージは、黒髪で黒い瞳、ミニスカートのスーツでスレンダーな体型というのが一般的なイメージになってきます。
次に肝心なプレイ内容なのですが、秘書系イメクラではどういったプレイで楽しめるのでしょうか。
秘書系イメクラ店というのは決してソープランドではありませんので、本番行為というのは一切認められていません。
トータルコンセプトのイメージは、一般のヘルスと同じになります。
ですので、一言でいいますと「奉仕する秘書」とのプレイを、「舞台装置」、「衣装」、「プレイ内容」の3点から総合的にデザインしたイメージヘルスになるのです。

基本的なプレイルームは、役員室を意識したレイアウトで、入室するとまず目に入るのは重役室らしい黒革の役員椅子となります。
本革かどうかはお店によって違ってきますが、雰囲気という点では申し分ないかと感じます。
さらに、凝っているお店であればその横には長目の机があり、個室というより相部屋の役員室にありそうな型の机で、プレイの際にはこの机なども演出の一つとして使用できるお店もあります。
この机に秘書を横たえたり、美脚鑑賞のために座らせたりもできますし、逆にお客様がまな板の鯉となり逆セクハラを受けるのもありなのです。
他に凝っているお店は、壁には分厚い本などが並べられた書棚が用意してあったり、対面になった鏡などを置いてあったりなど、視覚の面でもしっかり演出しているお店も存在してきます。

次にプレイ内容になるのですが、秘書とのそれに相応しいプレイが定められているというものが最低限になります。
もちろんその通りに行う必要はなく、最終的にはお客様の希望や女性との相性、スキルにより実際のプレイは左右されることになることでしょう。
たとえば、「セクハラ淫乱秘書編」、「部長との情事編」、「社長秘書編」、「会長秘書編」、などのショートストーリーなどから選べるというお店が多いような気もします。
もちろん、どれも台本などは用意してませんので、お客様自身がリードするのか秘書である女性がリードするのかは当日受付などで決めることになります。
プレイが始まってしまえば、お客様は自分が想定した役になりきり、女性も秘書というお仕事を全うすることになるのです。

冒頭でも述べましたが、本番行為は一切ありませんので、最後はフェラチオや手コキなどで射精を迎えることとなります。
オフィスでのエッチなプレイというを憧れる男性も決して少なくはありませんので、そういった願望を叶えるために専門のイメクラ店があるといっても過言ではないのです。

働く女性のイメージ

Published / by 管理者

やはり人気の高い風俗店というのは、きちんとそのお店のコンセプトに合った女性がしっかりとそろっているということが最低限になってきます。
たとえば、「ロリ系」のお店で遊びたいと思った際、もちろん18歳~22際あたりのロリっぽい女性ばかりが働いていれば何も問題ないのですが、その中に30歳前後の女性が一人でも働いているとどうしてもそのお店のことを疑ってしまうことになります。
逆に、「人妻系」や「熟女系」のお店で遊びたいのに、20代前半の女性が働いていれば同じようなことがいえてくるのです。これは、秘書系専門のイメクラ店でも同じことなのです。
秘書の女性とオフィスでエッチなプレイを楽しみたいのに、いざ接客してくれる女性が茶髪のギャル系が来てしまったら妄想も何もなくなってしまいます。

では、秘書系のイメクラ店で働く女性にはどういった感じの女性が多いのでしょうか。
まず、衣装に関してはお客様の好みというものが左右されてくると思いますが、一般的な秘書といえばやはりミニスカートのスーツ姿となってくるでしょう。
きちんとした会社で働いていますので、ここでの第一印象は黒髪で黒い瞳というのも欠かせない材料になります。
年齢でいえば、20代~30代前後あたりが無難であり、そのシチュエーションの設定に合った年齢を幅広く選ぶことができるはずです。
次にスタイルの部分になるのですが、そこは社長クラスの重役に仕えるお仕事ですので、スタイルに関しては良いに越したことはないです。
太っている、ぽっちゃり、というのはどうしても秘書とは不釣合いになりますので、そこはスレンダーといわれる女性が多く働いているのも秘書系イメクラの大きな特徴でもあります。
長い脚としなやかな肢体が、秘書スーツに隠されていると想像するだけで興奮の大きな材料となるのではないでしょうか。

そして、プレイには積極的でサービス精神旺盛、セクハラ淫語プレイにも対応可、と秘書コンセプトのお店にはピッタリの女性が多いのも事実になります。
次に、具体的なコスチュームになってくるのですが、やはり制服というのはストライプの入った上品なグレイのミニスカートのスーツが定番になってきます。
スカーフをお洒落に巻いて、スーツの下はブラウスを着ずダイレクトに素肌を見せ、女性によってはブラジャーからしっかりと胸の谷間を覗かせるような演出をしている女性も中には存在します。
もちろん、お客様の好みやイメージ次第では色々と変化はできるでしょうが、基本的な女性のイメージというのは上記のような感じが一般的な秘書だと思っていいかと思われます。

秘書とは

Published / by 管理者

数ある風俗店の中に、男性の願望を限りなく可能に近づけてくれるイメクラという業種が存在してきます。
イメクラとは、お客様が望むコスチュームを女性に着てもらい、さらにお客様の好きなシチュエーションでエッチなプレイを楽しむことができるといった、ある意味夢が叶うような風俗店になります。
たとえば、学校で教師と女子高生のエッチなプレイ、病院でナースと入院患者のエッチなプレイ、などのようなシチュエーションで楽しむことができる風俗店になってくるのです。

その中に、男性の中でも人気の高い「秘書系」のイメクラというものがあります。
会社に勤めたことがない人にとっては秘書というものの存在がよくわからないでしょうし、たとえ会社員であってもそれなりの高い役職につかない限りこの秘書という人と触れ合うこともありません。
よくテレビドラマなどで出てくる秘書というのは、社長のスケジュールや身の回りの管理などをして、さらに秘書室というものまで設けられているような少し会社から贔屓気味な扱いされている女性というイメージが多く持たれると思われます。
やはり、会社からそれなりの贔屓をされますので、容姿に関してもそれなりに美人でないと務まらないというのも同じイメージになるでしょう。

実際のところ、秘書というお仕事の具体的な内容というのはあまり知られていないというのが実情ではないでしょうか。
まず、秘書とは社長や役員、医師、政治家、弁護士などにつき、庶務のすべてを管理して処理をする仕事になります。
要するに、上司が本業に集中できるよう裏で支える補佐の役目を担うということです。
社長をはじめ、企業や団体のトップたちは重要な業務をたくさん担っているほか、外部からの来客対応や出張、接待などと大変多忙な日々を過ごしているのです。
そのため、秘書が上司の右腕となってスケジュールの調整や管理を行ったり、外部との連絡を行ったりし、上司の仕事がスムーズに進むようサポートをしているというのが実際の秘書の仕事内容となってきます。

もちろん、これだけでは秘書というお仕事は務まりません。
他には事務スキルというのも求められ、パソコンで文書作成やメール、情報収集をすることが多いためにパソコンを難なく使えることは必須です。
また、お客様に失礼があってはいけないため、ビジネスマナーや接遇能力を高めることも大切になってくるのです。
後、外国人のお客様や取引先が多い場合には、英語など外国語の能力も求められるでしょう。
さらに、秘書は会社の様々な部署と関わることが多いため、組織全体のことを知っておく必要もあるなど、秘書に求められるものはとても多いのです。

これだけ見れば、秘書というお仕事はかなり質の高い女性でないと務まらないということがわかります。
そういった、一般のお仕事をしていれば出会うことの少ない秘書という女性にみだらなプレイで楽しみたいというのは、ある意味男性にとっては興奮材料の一つになるといっても過言ではないのです。